30代・40代が転職市場で20代に勝つにはどうすればいいのか?

30代・40代にとって、転職市場での最大のライバルは20代かもしれません。何しろポテンシャル採用といって、将来性をかわれての採用もあるからです。しかし残念ながら30代・40代がポテンシャル採用されることはまれでしょう。

そういった点からも、魅力的な応募書類を書けないと、まず書類審査すら通過できません。その魅力的な応募書類を書くためには、自己分析が不可欠です。

なのに、この自己分析が不十分な30代・40代の応募者が多いのも事実です。自分の魅力や武器を自分が分かっていないのに、応募書類を見た採用担当者が「この人に会って話をしてみたい」とは思わないでしょう。

20代に比べて、30代・40代は職務経験が長い分、「即戦力として役立てるキャリアやスキル」があるはずです。しかし、「人に誇れる大きな実績・キャリアがない」「使える資格を特別持っていない」と思っている人が多いようです。

では本当にそうなのでしょうか?

30代・40代であれば、10年以上の仕事のキャリアがあるはずです。それなのに「キャリアやスキルは何もない」はずはありません。自分に向き合っていないため「何もない」と思っているだけです。

社会人1年目のあなたと今のあなたのどちらが仕事ができるでしょうか?そう考えれば、社会人1年目のあなたなど相手にならないでしょう。

自分に向き合っていろいろ書き出していく作業は大変です。しかし、この作業をするのとしないのでは、履歴書や職務経歴書などの応募書類の出来が全く違ってきます。自分のことが分かっているため、面接でも自信を持って話せるようになります。

では具体的にどう自己分析すればいいのかというと、まずはキャリアの棚卸しをする必要があります。

JACリクルートメントという30代・40代に強い人材紹介会社があるのですが、こちらのサイトの転職ノウハウのページに「キャリアの棚卸しシート(XLS)」がありますので、ダウンロードして使ってみましょう。

これにより「あなたの強み」や「実績やPRポイント」、「キャリアビジョン」などが明確になります。なかなか内定が取れない人は内定をとるために転職活動をしてしまいがちなので、自分の軸がブレていないか確認する意味でも使えます。

キャリアの棚卸しができたらJACリクルートメントのキャリアコンサルタントに添削してもらいましょう。そうすれば、今まで以上に自信を持って転職活動ができるようになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ