転職先が決まらない30代・40代が人材紹介会社をうまく活用するポイント

複数の人材紹介会社(転職エージェント)を利用する

登録する人材紹介会社の数は、大手2~3社、中小1~2社程度に登録して、うまく使い分ける。

大手の人材紹介会社は求人数が多いため、求人情報をたくさん入手できる。登録者が多いため、経歴がいい高く売れそうな人材が優先される傾向にある。しかし転職ノウハウを蓄積させる意味でもはじめて転職する人は利用すべき。

中小の人材紹介会社は求人数こそ大手に劣るが、特定の業界や職種に強いなどの特色があり、専門知識が豊富な場合が多い。そのため適切なアドバイスがもらえる可能性が高い。登録者が大手に比べ少ないため、親身な転職サポートは比較的受けやすい。

担当キャリアコンサルタントとの関係を良好にする

担当キャリアコンサルタントに自分の強みを的確に伝え、売れる人材であると評価される必要がある。連絡を待つだけではなく、積極的に連絡して本気で転職をする気があることをアピールする。

自分よりも若いキャリアコンサルタントに年下だからと、横柄な対応をしない。年下であっても転職に関してはプロなので、アドバイスは素直に受ける。能力が同じでも横柄な人と誠実な人であれば、当然誠実な人が優先される。

自分が転職市場でどれくらいの価値があるのかを確認する

勤めていた企業にどれだけ必要とされていたとしても、その企業でしか通用しないやり方で仕事をしている場合などは、意外に市場価値が低いこともある。自分自身の市場価値が、自分が思っている通りなのかをキャリアコンサルタントに確認し、希望年収などとの隔たりがあれば修正する。

逆に自分が考えている以上に市場価値が高い場合は、年収の大幅アップの可能性も出てくる。

自分の要望をはっきり伝える

いつ頃に、どういった企業に転職して、どういう仕事をしたいか、転職で何を重視しているのかをキャリアコンサルタントに確実に伝えること。

特に年収に関しては、入社してからは簡単には上がらないので、自分の希望年収を伝えることは重要。ちなみに「他社で高額な年収で内定が決まっているので交渉してくれ」と言ってもその内ウソはバレる。逆にそれが本当であれば、キャリアコンサルタントは企業と年収交渉をしてくれる。

応募書類の添削や面接対策をしてもらう

なかなか内定がもらえない人は、自己流で転職活動をしており、人の話を聞かない人が多い。自己流で転職できないのだから人材紹介会社の転職ノウハウを伝授してもらえれば、転職成功率が上がる。

転職を成功させるために必要な、履歴書や職務経歴書などの応募書類の作成方法、応募企業の面接対策などの転職に関するノウハウを教えてもらう。希望している業界や企業の転職成功・失敗事例なども確認しておく。企業の人事担当者の採用に関して重視しているポイントなども教えてもらえればなおいい。

人材紹介会社に頼りきらない

人材紹介会社によっては求人の紹介がない、もしくは極端に少ない場合がある。さらに見当外れな求人まで出してくるような場合、期待できない会社である可能性がある。必ず1社の人材紹介会社だけに頼りきらないようにする。

あなたが企業に内定が決まり入社が決定すれば、人材紹介会社は企業から報酬がもらえるということを認識しておく。キャリアコンサルタントによっては必要以上に「この企業の内定は受けたほうがいい」とすすめてきた場合は注意が必要。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ