30代・40代の転職にはマネジメント能力が必要!?

何度も繰り返しますが、30代・40代の転職者は、マネジメント能力が求められることが多く、部下の管理やリーダーとしての経験がない人も、応募企業が求めているのであれば、経験がないという回答では採用されるまでには至らないでしょう。

マネジメント能力とは、通常、部門を統括した経験や部下の管理、指導経験のことを言います。

役職がなくても、新人の指導やリーダーシップを発揮した経験などのアピールできる材料を掘り起こしてみましょう。

入社後、部下の指導や管理を求められていたのであれば、経験がなくても問題なくこなせることを示す必要があります。

40歳の男性で実務能力には問題はないのに、なぜか再就職先が決まらない方がいました。なぜ、能力はあるのに、採用に至らないのか検証したところ、面接時に、管理経験を問われた際に『経験がない』と答えていたのです。

企業側は40歳であれば、いずれ部門を管理させたいという意図があるため、役職の経験がなくても指導経験やサブリーダーとして心がけていたことを伝えると内定を取ることができたのです。

応募者がやりたいことだけを押し通していては採用が難しいということです。

応募企業が求めているのであれば、リーダーを補佐した経験であっても積極的にアピールしてください。

管理職として豊富な経験がある方は、応募企業に即した管理を意識する必要があります。

大企業と中小企業のマネジメントは、求められている職務が異なりますので、豊富なマネジメント経験があっても、一流企業で多くの部下を管理してきた経験をアピールするだけでは、自社では馴染めないと判断され、採用に至らないケースもあるのです。

中小企業であれば、プレイングマネジャーとして採用されることが多いので、管理能力と共に実務能力をアピールし、既存社員に信頼されるよう努力していく謙虚さもアピールしてください。

これまでのマネジメント経験における実績や心がけていること、更に部下とどのように接してきたかという点についても具体的に説明できるよう整理しておく必要があります。

~POINT~
・役職の経験がなくても指導力やリーダーシップがあることをアピールする
・応募企業の実態を理解し、謙虚な姿勢で能力をアピールする

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ