30代・40代の転職者に企業が求めることとは!?

30代・40代の転職者は、20代の転職者では対応できないものを求められています。

30代・40代の応募者を採用する場合、マネジメント能力を求めているケースがあります。

30代・40代は職務経験が豊富だからこそ、新しい企業でもリーダーとして活躍してくれることを期待されています。

即戦力となり、利益を生む人材として採用されるので、求められている職種についてプロとしての意識と能力が求められます。

例えば、営業を10年以上されていた方であれば、人脈とスキルを活かし、短期間で売上を伸ばし貢献できると考え採用されます。

技術職も同様、1,2年ではできない能力を期待されています。

転職者と新卒者の求人は大きく異なり、特定の職種について募集をかけることが多く、30代・40代の転職者には、その職種のスペシャリストであるということが採用されるポイントとなります。

30代・40代の転職者には、給料に見合う実績と成果を求めていることを重々理解しなければなりません。

マネジメントの能力・即戦力としての実務能力・チャレンジ精神・人脈・組織適応力・前職の実績など、30代・40代の転職者には求められています。

年齢が上がれば上がるほど企業からの期待は大きくなります。

中途採用というのは、企業が求める人材が明確になっているので、30代・40代の転職者は実務経験のアピールすべきことが豊富にあるといえます。

転職を成功させるためには、応募企業が必要とする部分に応えられる人材であることを明確にアピールすことが大切です。

~POINT~
・30代・40代だからこそできる実務能力を明確にアピールする
・求められる職種についてプロとしての能力をアピールする

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ