応募企業を熟知することが転職成功のカギ!?

複数の企業に応募している転職者のなかには、他社で通用する自分の職務能力を把握していますが、企業別の分析がおろそかなため、一次面接は通過するものの、役員クラスの面接で、応募企業への熱意を感じないなどの理由から不採用になる人もいます。

応募企業の求人要項やホームページは、漠然と見るのではなく、自分が何をできるのか具体的なことをチェックしてみてください。

求人要項は、企業が求めるスキルや経験について記載されていることが多いので、自分のスキルや経験と合致していることをアピールすることが大切です。

書類作成や面接で何をアピールするべきか十分に検討することが必要ですが、そのためには、応募企業が求めている人材を分析し、これまでの経験から合致することをアピールする必要があります。

中途採用は、既存社員の退職等の理由で募集するケースが多く、入社後すぐに戦力として活かせる人材を採用しますので、書類作成や面接ではこの点を注意する必要があるのです。

採用担当者は、応募者が自社で求めている人材を把握しているか否かをチェックしますので、見当違いのアピールをするようでは、採用には至りません。

30代・40代の転職では、職務経験が長いため、職務経歴書でこれまでの経験を長々と記載する人がいますが、応募企業が求めている職務経験でなければ意味がありません。

面接でも、多くの経験を語っても関連性のない内容であれば、企業で求めている人材と異なると判断されてしまうので、30代・40代の転職者は注意が必要です。

企業により異なりますが、転職ではオールマイティにこなせる人材ではなく、求めている職種に特化して優れた実績や能力のある人材を好む傾向がありますので、企業が求めるスキルや経験についてのアッピールが欠かせません。

~POINT~
・求人要項や企業のホームページをよくチェックして、企業が求めている人材の把握をする
・他社で通用する職務能力と、企業が求める職務能力を合致させる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ