30代・40代が転職を成功させるには?

30代・40代の転職では、実務能力はもちろんですが、採用担当者を納得させるプレゼン力が採否のポイントになります。

転職する際、履歴書・職務経歴書・面接の全てが応募企業に対してのプレゼンテーションとなります。

最近は、適性検査や筆記試験をおこなう企業が増えてきていますが、多くの会社で点数では表しにくい書類や面接で採否の判断をおこなっています。

つまり、採用担当者が好感を持つプレゼンをおこなえば、採用される可能性が高まるということになります。

書類選考では、採用担当者は記載されている内容から応募者の職務経験や人物像をイメージしますので、30代・40代の転職者は、豊富な経験のうち、何を伝えるべきかを考えることが大切です。

面接では、応募者の回答や態度、表情から自社にふさわしい人材かどうかを判断するので、企業が欲しいと考えている人材に近づき、応募者がプレゼンしなければ、採用担当者に好感を持ってもらえません。

採用担当者の気持ちを引き寄せるためには、企業が必要としているスキルや経験を自分は持っていて、更にその経験を活かして応募企業で貢献できる、ということを採用担当者にイメージさせることが必要ですが、ただ単にこれまでの職務経験を伝えればいいわけではありません。

企業にとって人材の採用は、億単位のお金が動く重要なプロジェクトと同じなので、採用後、確実に能力を発揮できるという確証を応募者に求めています。

採用してっも間違いのない人材だと確証させるためには、採用担当者に活躍する人材であることをアピールし理解してもらう必要があります。

~POINT~
・職務経験はもちろん、採用したいと思わせるプレゼンテーションが必要
・企業貢献できる材であることを、職務経験に基づいてアピールする

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ