30代・40代の転職者が採用されない理由と対策

30代・40代の転職者が採用されない理由は下記の通りですが、諦める必要はありません。

□ 給与で折り合いが合わない

□ 求められている人材に近づこうとしない

□ 組織に溶け込めない

□ 年下の上司とうまくいかない

□ 配属部署の上司が若い

□ 保守的でチャレンジ精神に欠ける

□ 行動力がない印象を与える

□ 過去の実績に固執する

□ 健康面、体力で不安がある

□ 管理経験が長く、実務能力が伴わない

□ 転勤と腕問題がある

□ 転職に慎重になり、意欲感じない

□ 疲れた表情で清潔感がない

□ 上から目線で話をする

30代・40代の転職者が、若年層以上に熱意を持って仕事をおこなうことは可能ですし、30代・40代だから仕事の覚えが悪いということもありません。

現実を理解し、書類や面接を通じて企業が欲しい人材に近づくことで、採用担当者の懸念を払拭していきましょう。

希望給与が高いという問題は、生活面もあり、一概に希望年収を下げることは難しいかもしれませんが、理想だけを追いかけるのではなく、現実を理解することも必要です。

家庭のある方は、奥さまと相談をして検討する必要があるでしょう。

組織に溶け込めないという採用担当者の懸念を払拭するためには、書類や面接で良好な人間関係を構築してきたことをアピールすることだけでなく、面接における受け答えでも表情や態度を意識することが大切です。

組織適応力は、厳しい質問の受け答えや前職の退職理由などからも見極められてしまいます。

保守的な姿勢については、過去をリセットし、新たな気持ちで応募企業のために誠心誠意を尽くすこと、これまでのやり方にこだわらず、新しいやり方に積極的にチャレンジしていくことを書面や口頭でアピールしてください。

そのためには、応募企業の研究をおこない、会社が求めている人材を把握して自分をプレゼンすることが大切です。

また、過去の実績を自慢しても好感は持たれません。

過去の実績や成果はあくまでも信憑性を示す裏付けであり、応募企業で発揮できる職務能力を具体的にアピールする必要があります。

健康面については、過去に病気をされた方は、原則として現在は全く支障はないことをはっきりと伝えましょう。

もし、アピールすべき実務能力が劣っている場合、入社後教えてもらうという考えでは30代・40代の転職は成功しません。

不足しているのであれば、今から努力をして、入社後、周囲に迷惑をかけないことを採用担当者にアピールする必要があります。

採用担当者の不安を払拭し、求めている人材に応募者自ら歩み寄ることが、30代・40代の転職成功のポイントです。

~POINT~
・採用担当者が抱く不安は、書類や面接で払拭できる
・必要な知識やスキルは、入社する前に習得する

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ