30代・40代の転職が難しい理由と対策

30代・40代の転職が難しい理由は、企業により様々ですが、あなた自身が採用されない理由を理解し、採用担当者の懸念を払拭すれば採用されるのです。

30代・40代の転職者が採用されるためには、採用する際のマイナス部分を自覚し、払拭するだけの貢献ができることを具体的にアピール必要があります。

~給与について~

①若年層の応募者は、実務経験が乏しくても経験を積むことで戦力となると考えられる

②年功序列型の賃金体系であれば、年収も30代・40代の転職者よりも安い賃金で雇用できる

③30代・40代の転職では、前職の年収が高額の場合、いくら実績があっても実力がはっきりしない状況では、採用に慎重になる

④30代・40代の転職では、前職の年収からダウンすることも考慮しなければならない

~人間関係について~

①30代・40代の転職者は、社内において良好な人間関係を構築することが難しいと判断されるケースもある

②年齢が高くても、転職者として入社すれば新入社員ということを自覚する

③上司となる社員が、30代・40代の転職者よりも若いことがある

③の場合、転職者自身が問題ないと考えていても、受け入れる上司が扱いにくいと考えれば、採用は難しいでしょう。

面接で人物評価をおこなう際に、組織に溶け込めない人材と判断すれば、いくら優秀な人材であっても採用は難しいと考えられます。

年齢が高くなればなるほど意固地になり、周囲の空気が読めず、既存社員と馴染めないケース見られます。

20代が中心に活躍している企業では、30代・40代の転職者を受け入れにくいと考えるところもあります。

応募者本人は問題ないと主張しても、既存社員が望まない環境での採用は難しいでしょう。

これまでの経験を活かし、即戦力となれば入社後一目置かれますが、20代の転職者と同レベルで指導や教育が必要であれば、30代・40代の転職者は扱いづらい社員になってしまいます。

30代・40代は20代と比較して、技術や知識を習得するのに時間や労力がかかると受け取られてしまうことがあります。

~保守的な姿勢~

①30代・40代の転職者は、新しい環境に馴染み意欲的にチャレンジしていく姿勢が弱いと受け取られることがある

②30代・40代の転職者は保守的であり、柔軟な発想で仕事ができなというイメージを持たれている

③過去の経験や実績は採否の判断材料になりますが、それ以上に、これから自社でどのような貢献ができるかが採否のポイントになる

30代・40代の転職者の中には、過去の実績を自慢げに話すだけで、応募企業で何ができるか具体的にアピールできない人が多くいます。

入社後も過去の実績をアピールするだけで、転職先で実績をあげられない場合、会社の体制が悪いなどの言い訳をし、会社の批判をされることをきらい、採用を躊躇するケースもあります。

~健康~

誰でも年齢を重ねるごとに体力は衰えていきますが、夜遅くまでの勤務が日常茶飯事の職場の場合、前職でも同様の実務をおこなっていたなど、採用担当者が納得できる裏付けが必要となります。

~POINT~
・採用されない要因を理解し、アピール材料を考える
・20代と30代・40代転職者のスキルが同じなら、企業は賃金の安い20代を採用する

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ