30代・40代の転職で“採用”される人とされない人の違いとは!?

30代・40代の転職者の中には、これまでの経験を積極的にアピールしているけど、企業が求める人材について深く考えていな人はたくさんいます。

俗に言う“空気を読めない人”で自己主張ばかりをする傾向がある人です。

空気の読めない転職者は、優秀な人材でも組織に適応できないと判断されてしまい採用されません。

採用される人は、自分の職務経験の強みをアピールしながら、企業に求められている人材を確認しながら、臨機応変に企業の要望に応じることができる人です。

自分に有利なアピールばかりではなく、企業側の立場に立って回答ができるのです。

採用担当者は、自己中心的な書類や回答から、転職者が応募している多くの企業の一つにすぎないという印象を持ってしまいます。

30代・40代の転職者の多くは、これまでまじめに仕事に取り組んできた人ですが、積極的にアピールできずに、採用担当者から意欲がないと受け取られてしまうことがあります。

30代・40代の転職者の強みは、豊富な職務経験があるからこそ企業の要望に応えることができることです。

「豊富な経験があるので短期間で戦力になれる」という姿勢をアピールする必要があります。

企業は年齢に関係なく、覇気があり前向きな人材を求めますので、明るさや元気がない応募者は組織に適応できないと判断されてしまいます。

20代のような若さをアピールできなくても、仕事への前向きな姿勢で物事に動じない力強さは、30代・40代の転職者だからこその強みとなります。

~POINT~
・採用される人は、企業メリットのアピールができる
・採用されない人は、自己主張が強すぎるため、熱意をアピールできない

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ