30代・40代の“転職市場価値”を知る

35歳からの転職者は家族を養っている人も多く、転職をして希望に見合う年収を得ることができるか不安だと思います。

転職そのものができるか心配になる人もいるでしょう。

厳しい雇用情勢では、なかなか思うような企業へ転職ができないケースもありますが、悩んでいるだけでは何も解決しません。

そこで、自分が転職市場でどのような価値があるのかをチェックしてみてください。

35歳からの転職では、短期間で即戦力として能力を発揮することが前提になりますので、原則としてこれまでの経験を強みとして、自分の「転職市場価値」を分析してみましょう。

30代・40代の転職者は家族を養っている人も多く、希望に見合う収入を得ることができるか不安があると思います。

現在の雇用情勢では、希望する企業への転職ができない場合もあります。

30代・40代の転職では、短期間で即戦力として能力を発揮させることが前提となりますので、前職での経験やスキルをあなた自身の武器として“転職市場価値”を分析しましょう。

実際の募集状況を求人サイトで確認し、希望職種の求人の募集要項を見て、給与や労働条件をチェックすることができます。

現職や前職と比較してみて提示されている年収が低い場合は、今より高い年収を提示しても採用されない可能性が高いでしょう。

“転職市場価値”を調べる方法として、人材派遣会社に相談をしてみるのもいいでしょう。

人材派遣会社の中には、非公開の求人案件を持っていて、条件がいい会社を紹介してもらえることがありますが、紹介する企業がないという状況も考えられます。

数年前まではどの企業も欲しがっていた職種でも、現在は市場価値が下がり、転職が厳しい状況になっていることもあります。

今までは、市場価値が低かった職種が、高く評価されることもあるといえます。

特別な資格やスキルやを必要とする職種に応募者の該当者が少ない場合、転職市場価値が高くなりますが、求められている資格やスキルに多くの応募者が該当する場合には、”転職市場価値”は低くなってしまいます。

“転職市場価値”は、企業が必要とする人材とそれに見合う人材のわくで決まります。

必要としながら該当する人材が少なければ、高待遇でも採用したいと考え”転職市場価値”は高くなりますが、低い賃金でも採用できる場合は、”転職市場価値”は下がってしまいます。

30代・40代の転職では、”転職市場価値”をしっかり分析し、現実を直視した上で、企業が求める人材に近づくことが必要です。

~POINT~
・”転職市場価値”を知るために、求人サイトや人材派遣会社の求人内容をチェックする
・”転職市場価値”を理解した上で、希望条件を提示する

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ