30代・40代だからこその強みを武器にする!

資格がないから転職が思う通りにいかないと嘆く転職者もいますが、資格以外にもアピールできるものはないのでしょうか??

30代・40代は、長年勤務してきた仕事に大きな変化を感じることなく、自分のスキルや経験について深く考えたことがない方も少なくありませんが、これまで働いてきた会社から仕事をして給料をもらっていたのですから、培ってきた職務能力はあるのです。

転職する際は、応募企業で発揮できる職務能力を採用担当者にアピールし、採用したいと思わせなければなりませんので、今までの自分自身を見つめ直し、応募企業でも通用する職務能力の強みを考える必要があります。

ただ単に、これまでの職務経験を伝えるだけでは採用担当者に興味を持ってもらえず採用には至りません。

30代・40代だからこそ、これまでの豊富な職務経験から応募企業で幅広く活躍できる強みを積極的にアピールすることができます。

これまでの職務経験を応募企業で活かせるというスキルや経験を自らアピールすることが大切です。

自分で誰にも負けない強みを持っていると豪語しても、応募企業に即してないものや時代に合わないものであれば、採用担当者の目には留まりませんので、求人募集の歓迎スキルや必須条件などをよく確認する必要があります。

~POINT~
・アピールする資格やスキルがないと嘆く前に、職務経験の見直しをする
・職務経験を分析し、応募企業で幅広く活躍できる職務能力と合致させる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ