転職活動中はプライドを捨てる!?

30代・40代の転職者は、同年代の他人と比較をして転職活動をしてはいけません。

他人と比較すると、低年収や頭を下げながらの転職活動に嫌気がさしたり、ネガティブな気持ちになってしまうことがあります。

前職での肩書にこだわる求職者は、面接の回答が過去の話題が中心になり、過去の自慢はできても新たな企業で一から積み上げていく謙虚さとやる気が感じられません。

前職に長年勤務してきた方は、これまで積み上げてきた実績が評価され、自慢できる年収やポジションだったかもしれませんが、転職するということは今までとは違う会社に入社し、これから新たに実績を積み上げていき評価されていくものです。

前職の肩書にこだわって転職活動をおこなっても上手くはいきません。

あくまでも前職の肩書であって、会社を辞めてしまえば肩書はなくなります。

あなたの財産は、前職の肩書ではなく、これまで築いてきたスキルや豊富な経験なのでもっとそこをアピールしてください。

「部長だった俺が、なぜ若い面接官に気を遣わなければならないのか・・・」などと考えているようではいつまで経っても転職は成功しないでしょう。

採用担当者は、あなたの「元部長」という役職をみているのではなく、部長として前職で何をやってきたか、そして応募企業では何ができるかということが知りたいのです。

他人と比較をするのではなく、あなた自身ができることを考えアピールしましょう。

30代・40代の転職者がこれまで築いてきたキャリアや豊富な経験を欲しいと考える企業は必ず見つかります。

しかし、あなたを必要とする会社は、あなた自身が努力をしなければ巡り合えないのです。

30代・40代の転職者の中には家族の応援や支援を受けている方もたくさんいると思いますが、あなた自身が決断し、前向きに突き進んでいかなければ成功しません。

転職活動中は、他人との比較や前職の肩書といったプライドは捨ててください。

これまでの職務経験・年収・役職にこだわりすぎると、あなたを必要とする会社があったとしても見過ごしてしまう可能性もあります。

~POINT~
・前職の肩書や年収などのプライドを捨てる
・採用担当者が知りたいことは、過去の実績ではなく、実績を積み上げられるか

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ