30代・40代の採否のポイントとは!?

30代・40代の転職では、企業貢献度が採否のポイントになります。

社会人経験が長い30代・40代の転職者のなかには、これまでの仕事がマンネリ化して、受け身の状態で仕事をしてきた方もいるでしょう。

30代・40代の転職者に求められるのは、積極的に会社の問題や改善策を考え行動に移していける人材なのです。

自分の夢や理想を優先するのではなく、会社のために何ができるかといった企業貢献を優先しなければいけません。

20代の若年層であれば、素質や適性を評価し、今後の働き方に期待をして採用することもあります。

しかし、30代・40代の転職者は、将来への期待だけでは採用されません。

企業は30代・40代の転職者に対して、10年・20年先の将来性ではなく、現在の職務能力や人間性で戦力となる人材かを判断します。

求人の項目に歓迎されるスキルや経験が記載されていますが、30代・40代の転職では「歓迎」ではなく「必須」だと理解しておく必要があります。

30代・40代の転職では、応募したい企業に必要なスキルや知識があれば、入社後覚えていくという考えではなく、入社時に間に合うように今から学んで採用担当者にスキルや知識・資格を持っていることをアピールしましょう。

20代の若年層は、夢や理想を追いかけ、”理想の自分”に近づくことができますが、30代・40代の転職では、夢や理想を追いかけるだけでは転職活動はうまくいきません。

夢や理想ではなく現実を受け止めて、自分を変えることを認識して転職活動をおこなってください。

企業側はより多くの利益を生むために、新たな人材を投入することを考えます。

20代のアピール材料である若さと将来性に勝つためには、30代・40代だからこそできる職務能力や企業貢献度をアピールする必要があります。

30代から50代は、企業のなかで最も活躍できる時期ですから、夢や理想を追いかけるための転職ではなく、これまでの経験を活かして企業貢献できることを第一に考えて転職活動をするべきです。

あなたの職務能力をアピールし、企業で活かせる経験があることをアピールすることで、採用したいと思われる人材になります。

~POINT~
・限られた時間なので、夢や理想ではなく現実へ意識を変える
・応募前に必要なスキルを身につけ採用したいと思わせる人材をアピールする

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ