入社後に貢献できることをアピールする転職者が勝つ!?

30代・40代の転職者の中には、「これが最後の転職」という気持ちで臨む方も多いと思います。

しかし、転職に失敗したくないという気持ちが強いと、会社の労働環境や将来性だけに意識が集中してしまい、本当に自分に合う会社かわからなくなることもあります。

労働環境、将来性等は、会社を選択するうえで重要なポイントですが、全てにおいて完璧な会社は存在しません。

30代・40代の転職者は、応募企業の問題を認識した上で自らが変えていくという意気込みが必要です。

“会社が何をしてくれるか”という受け身の考え方では、20代や新卒者と同様のレベルですので、30代・40代の転職者が採用されることは難しいでしょう。

30代・40代の転職者は、これまでの豊富な経験を活かして、今後働く会社に何を与えられるかを考え、採用担当者にアピールすることが大切です。

リストラ・業績不振で転職する方は、安定した会社へ転職したいと強く考えがちですが、転職先であなた自身が「会社の業績を伸ばして安定した会社にする!」という考え方で臨むことが大切です。

20代の転職者は、福利厚生や研修システムなど業務以外の魅力を重視する傾向が強く、30代・40代の転職者も20代の転職者と同じ考え方では、採用担当者はあなたに優位性を感じないため採用には至らないでしょう。

「与えられる」ことから「与える」ことへの転換は、志望動機や自己PRでアピールすことことが大切です。

「御社の○○に魅力を感じ、これまで培ってきた○○の経験を活かして貢献したい」というアピールをすることで、あなたを採用するメリットを感じ取れます。

採用担当者は、応募者が何を与えることができるのか、それが企業にどのようなメリットがあるのかという点に注目します。

応募者だけが受けるメリットをアピールしても、採用担当者は注目しません。

応募者が提供できるスキルや経験が企業にとって大きなメリットであれば、入社後、存在価値を作り出すことができます。

~POINT~
・自分に合う会社を見極めるためにも、労働環境や将来性に固執しない
・受け身から貢献することに気持ちを転換する

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ