新卒者より30代・40代の転職者が有利!?

数年前までは、企業側は新卒者を採用できなかった人材を補てんするために、学校を卒業して3年くらいまでの「第二新卒」採用を積極的に行っていました。

しかし現在は、不況の影響で社員を育成する余裕がなくなってきたため、短期間で戦力として実績をあげられる職務経験者を採用していく傾向に変わってきています。

企業独自の人材を育てる傾向から即戦力となる人材を採用する流れに変わってきているため、新卒採用で内定をもらえない学生が増えています。

新卒者と同様、20代の転職者は、実務面で未熟であり、戦力として育てるためには時間と費用がかかります。

若年層の採用は、自社のシステムや仕組みを十分理解した人材を育てられるというメリットはありますが、一人前になり即戦力として活躍できる時期になると転職する人が相次ぐため、人材教育に力を入れない企業が増えています。

企業経営が急激に変化していく現在、時代のニーズと合致した即戦力となる人材をいち早く採用し、対応していくことが企業メリットにつながるのです。

これまでの職務経験を活かして即戦力として活躍できる30代、40代の転職者が求められているのです。

“年齢が高いから採用されない”と諦めていては転職はできません!

30代、40代は社会で最も活躍している世代なのです。

履歴書・職務経歴書・面接で積極的に自分を売り込んでいきましょう。

これまでの職場で培ってきた職務経験は、20代や新卒者には無いあなたの財産です。

傲慢な態度は禁物ですが、謙虚な姿勢で、応募企業でできることを売り込み、企業に欲しい人材と思わせることが大切です。

これからは、短期間で戦力となり企業貢献できる30代、40代からの転職が主流になっていきます。

~POINT~
・教育が必要な若年層の採用から、即戦力となる人材が採用される
・不採用の原因は年齢ではなく、応募企業にメリットを与えられる求職者が採用される

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ