不採用は年齢が原因じゃない!?

“35歳限界説”という言葉を聞いたことありますか??

2007年に「求人時の年齢制限禁止」とする改正雇用対策法が施行されました。

改正される前は、「35歳位まで」の求人募集が多く、35歳を過ぎると求人案件が一気に減少したことから生まれた言葉です。

「求人時の年齢制限禁止」という法律の改正により、年齢が原因で応募ができないケースは少なくなりました。

実際は、35歳までの応募者を優先して採用する傾向があるのも事実です。

しかし、「35歳限界説」など気にする必要は全くありません。

確かに年齢が不採用の一因になることもありますが、年齢だけで採否を決めているわけではないことを知っておいてください。

応募者側は、自分の年齢を気にし過ぎて、応募企業で発揮できる職種能力をアピールできないことがよくあります。

不採用が続くことで「どうせ今度もダメだろう・・・」という気持ちで応募していませんか?

応募企業で発揮できる職務能力を積極的にアピールしていますか??

若い年齢の応募者にはない”メリット”を打ち出していますか??

あなた自身が、年齢が高いので会社に馴染めない、新たな環境で仕事が覚えられないといった不安を抱いていたり、消極的になっていませんか??

そんなあなたの気持は、採用担当者に見破られてしまいます。

年齢が高いことがマイナス要因だと感じてしまえば、採用したいとは思いません。

35歳からの転職者で「年齢が高いですが、頑張ります」と言う人がいますが、年齢に関係なく、入社したら頑張るのは当然です。

若い年齢の応募者より会社にメリットがあることを具体的に示しましょう。

応募企業が転職者に求めるものは、即戦力です。

若い年齢の応募者と35歳以上の応募者の職務能力などが同等のレベルであれば、35歳以上の応募者が採用されることは難しいでしょう。

しかし、あなたはこれまで積み上げてきた豊富な経験があります。

若い年齢の応募者より期待できる人材であることを、履歴書・職務経歴書・面接でイメージさせることが重要です。

「年齢で不採用になるのではない。応募企業へのメリットを伝えきれないからだ」という考えで、転職活動に取り組んでください。

定年を60歳から65歳に引き上げる企業も増えています。

35歳という年齢は、まだまだこれからが働き盛りです。

年齢が高いから採用されないという言い訳は、60歳以上の求職者の言葉です。

~POINT~
・企業側は、年齢ではなく、スキルや経験を重視して採用する!
・若い年齢の応募者以上のメリットをアピールする!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ