転職に行き詰ったときの対処の仕方とは!?

20代と比較して、30代・40代の転職者の採用に慎重になる企業は多いといえます。

数十社応募してもうまくいかない時は、転職活動のやり方や方向性を見直す必要があります。

30代・40代の転職者のなかには、できることとできないことの線引きを自らしてしまうため、採用につながらないケースがあります。

転職市場をリサーチした上で、求人が少なく希望条件に該当する企業がないという状況であれば、企業が求めている人材に少しでも近づくように努力をし、未経験の職種でも応募が可能な職種であればチャレンジしてみる勇気も必要です。

これまでの経験を活かせる職種であることがベストの選択であっても、必要とされていないのであれば、希望する職種ではなくても可能性を検討します。

正社員雇用を希望していてもどうしても決まらないのであれば、契約社員等の求人もチェックしてみましょう。

経済状況や雇用情勢はめまぐるしく変化しているので、終身雇用が当たり前の時代から、必要な人材を必要な時期に投入する体制に変化しており、転職が珍しくない状況です。

これまでに転職をすることなく勤務してきた応募者は、無事に転職できても、入社後定着しにくい状況もあります。

前職の思い込みが強く、新しい環境に馴染めず、一度転職をすると転職を繰り返す人も多くいます。

これまでの経験を活かすことは大切ですが、そのような場合は、これまでの職務経験をリセットする覚悟も大切です。

また、3カ月間集中して転職活動をおこなっても結果が出ない場合は、希望する職種や条件と転職市場のニーズが食い違っていることが考えられます。

安定を求めて大企業を希望しても、大企業では新卒新入社員を育てる傾向が強く、特別な技術や経験がなければ採用されないことも多いです。

大企業の求人が少ない中で、大企業でなければという思い込みが強いと成果が出ません。

希望する企業へ転職できずに妥協して転職活動をおこなうのではなく、企業の大小に関わらずに自分を必要としてくれる企業で能力を発揮し、貢献したいという気持ちで臨むのも大切です。

~POINT~
・思い込みを捨ててチャレンジする
・企業が求める人材に自らなる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ