30代・40代の転職者が未経験の業界へ転職するには・・・

30代・40代の転職では、未経験の業種への転職は難しいと考えておきましょう。

無経験の業種では入社後の教育が必要となり、一人前になるまでに時間を要するため、30代・40代の転職者を教育するメリットがないと判断する企業もあります。

給与面においてもこれまでの経験を活かせる業種であれば一定の評価はされますが、未経験として新卒者と同様に育てることを考慮すれば、給与面で折り合いが合わないケースがあります。

また、新人であっても、年上ということで指導が難しいと考え採用されないこともあります。

売上により給与の変動がある業種や人材が不足している業種であれば、30代・40代の転職であっても未経験の業種に就くことが可能な募集もありますが、給与額が低かったり、もしくは実績に応じた給与体系のため生活が不安定になるリスクもあります。

損害保険会社や生命保険会社の将来の独立を目的とした代理店研修等では、中高年でも採用しています。営業力や人脈を活かして頑張りたいという方であれば。研修制度があり、転職が可能ですが、数年先に独立事業主として働くことが条件になります。

30代・40代の転職者と新卒新入社員が同等のレベルであれば、企業のカラーに染まっていない新卒社員を採用します。

未経験であってもこれまでに築いた人脈を活かせる前職の経験があるからこそ短期間で即戦力となるなど、企業へのメリットを打ち出してください。

異なる業界へ転職する場合は、入社後業界知識を見つけるようでは遅いのです。

採用試験を受ける前に業界の研究をおこない、自主的に学び、理解している姿勢を示してください。

異なる業界に人材を受け入れる企業は、慢性化した体質を改善したいと考えていることもありますので、企業への適応力だけでなく改善力も求められます。

30代・40代の転職で未経験の職種を希望する場合、やりたいことを実現する強い意志や収入が減っても生活ができる環境が必要になります。

未経験の職種を希望するからには、信念とキャリアプランを持って取り組むことが大切です。

~POINT~
・30代・40代の転職は未経験の業種は難しいことを理解する
・売上実績により給与の変動がある業種は中高年の募集がある

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ