30代・40代は学歴や資格よりも実務能力で勝負する!?

新卒者の採用では、実務経験がないため、学歴や専攻を重視していますが、30代・40代の転職では学歴以上に実務経験で自社に見合う人材かどうか見極められます。

30代・40代の転職では、即戦力としての能力を見極めていますので、学歴や資格についてアピールするだけではなく、実務能力について懸念を抱かれる可能性があります。

一流大学を出ていても、実務経験がアピールできないと採用されにくいでしょう。

資格については、実務能力の信憑性を示す資格であれば有効ですが、応募する業種に関係のないものであれば、採用担当者は興味を持ちません。

また、転職で役立つと考え、資格取得に向けて勉強していることをアピールする方もいますが、離職期間での説明であれば、理解できるものの、30代・40代の転職者では評価は得られにくいでしょう。

資格によっては、採用しても、独立・企業の理由で退職されてしまうと考えられてしまうからです。

30代・40代の転職では、学歴や資格は職務能力を示すうえでも補助的なものなのです。

学歴や資格だけに頼らず、これまでの職務経験から応募企業で活かせる実務面の強みを積極的にアピールしましょう。

~POINT~
・学歴・資格だけでは採用担当者の興味を引けない
・実務で活かせる資格であることをアピールする

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ