30代・40代が自分に合う会社と出会うためには!?

多くの求人情報のなかから”これだ!”と思う企業との出会いが転職活動のスタートなので、自分に合う会社かどうかを見極めることが大切です。

マメに求人情報をチェックしたり、”なるべき自分”を見出せるかなどの視点でチェックすることで、自分に合う会社が見えてきます。

数社の求人サイトに登録して、興味があり、自分に合う企業錠をを見つけ出し積極的に応募していきましょう。

求人サイトの特徴として、Web履歴書を作成すれば、在職中の方でも時間に関係なく、Web上で応募できるのでぜひ活用してください。

もちろん、応募企業ごとにWeb履歴書を見直す必要はありますが、一度制作して登録すれば、応募するごとに作成し直す必要はありませんので、興味がある企業へたくさん応募できます。

求人サイトの中には、中高年を積極的に採用する企業の特集や検索項目があったり、Web履歴書を見てあなたに興味を持った企業からスカウトが来ることもあります。

また、新聞に求人情報が記載されます。スペースがあまりないので、情報は多く掲載されませんが、気になる企業があれば、自社のホームページなどで情報を収集してみるのもよいでしょう。

ハローワークの求人情報も、自宅で確認することができますが、企業情報や詳細についての情報が詳しく掲載されていないので、近くのハローワークに来所し、担当者に直接相談することをお勧めします。

人材紹介会社の求人情報のチェックもしましょう。

多数の求人紹介会社の情報が掲載されているポータルサイトを利用することで、希望条件に該当する案件を見つけやすく、希望する求人案件があれば、Web履歴書を作成し、人材紹介会社へ応募します。

応募後、人材紹介会社が企業へ紹介する場合、人材紹介会社へ出向き登録をおこないます。

また、直接人材紹介会社へ出向き、希望する職種や条件などを提示し、紹介してもらう方法もあります。

人材紹介会社は、スキルや経験などについて企業から要望を聞き、該当する人材を紹介するので、管理職経験や技術があれば、短期間で紹介企業が見つかる可能性があります。

一方で、希望条件に該当する求人がないこともありますので、複数の人材紹介会社へ登録することをお勧めします。

人材銀行は、全国の主要都市にあり、概ね40歳以上の方で、管理職・技術職・専門職を対象に無料で職業詳細をおこなっています。

キャリアカウンセラーによる相談も受けられるので、該当する方は積極的に利用してください。

人材銀行は、40歳以上の求職者を対象にしているので、20代、30代の人と競合することなく転職活動ができます。

求人サイトや新聞などに求人を出していなくても、募集をおこなっていることもあるので、興味がある企業があれば、その企業のホームページをチェックしてみてるのもよいでしょう。

求人情報に共通して言えるのは、“興味のある求人を見つけたらすぐに行動に移す”ことです。

Webでの求人情報は、掲載する期限が決まっているので、応募してみようと決心した時には掲載終了ということもあります。

掲載期間中でも、人材を確保できれば応募を締め切ることもあります。チャンスを逃さないように“この会社!”と思った時にはすぐに応募しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ