30代・40代の転職は優先順位を明確にする!

30代・40代の転職では、慎重になりすぎて企業の選択ができなくなることがあります。

転職の際に何を優先するかをじっくり考えてみましょう。

あなたの希望を全て満たす企業はありませんが、優先すべきことと譲歩できることを明確にしていると、あなたに合う会社が見つかります。

優先したいことがあいまいだと、求人を出している企業に片っ端から応募して、入社した後に“こんなはずじゃなかった”ということになることも多くあります。

まずは、転職で優先する条件を書き出してみましょう。いくつか書き出したら優先順位をつけ、優先すべき項目と譲歩できる項目で分類します。

優先すべき項目と譲歩できる項目がはっきりすることで、転職の方向性が見えてきます。

30代・40代の転職では、新卒新入社員と違い、入社後、既存社員から歓迎されるというよりは、ベテランという見方で受け入れられます。

これまでの環境とは違い、入社当初は周囲に信頼できる同僚もいないので、孤独を味わい、転職を後悔する人もいます。

このような状況に勝つためにも、なぜ転職をするのか、そして何を優先するのか、今後のキャリアプランと合わせて考えてみましょう。

転職に信念を持っている応募者は、できることややるべきことが明確で、入社への意欲が出ています。

しかし、行き当たりばったりの応募をする人は、どの企業も採用されないといった悲壮感を漂わせています。

優先順位が曖昧な応募者は、入社後ピンチに遭遇したら“本当はここに就職したくなかった”と言い訳をします。転職は自分自身の問題です。

厳しい雇用情勢の中では、選んでいる余裕はないと考えている方も多くいますが、厳しい状況だからこそ、転職に信念を持って取り組んでいく必要があります。

優先すべきことが明確であれば、今後の人生wを託していい会社かどうかを見極めることができます。

~POINT~
・優先すべき項目の順位をつける
・転職の方向性を明確にする

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ