転職は“攻め”で勝負する

30代・40代の転職者は、人材紹介会社にまかせっきりで自分では行動しないことが多く、転職が上手くいかない原因の一つです。

職務能力が高く、どの企業も欲しがる人材であれば、まかせっきりでもいいのですが、企業が求人を出せば、多くの求職者が殺到する状態で”受け身”では転職は成功しません。

人材紹介会社を活用し、自分自身も積極的に求人情報をチェックし応募していきましょう。

20代を中心に求人が多いと思いこみチェックを怠る方がいますが、若い世代ほどは多くないにしても中高年を対象にした求人も掲載されています。

“改正雇用対策法”の施行によって、募集年齢を原則として掲載できなくったので、これまでの職務経験や能力を活かせる企業があれば、積極的に応募してみましょう。

しかし、歓迎するスキルや、”第二新卒歓迎”や賃金モデルが20代を対象にしているような条件であれば、中高年を求めていない可能性がありますので注意してください。

求人サイトの中には、Web履歴書を登録すると、企業からスカウトが来る機能がありますが、未経験の営業職からばかりスカウトがくると嘆く方も多くいますが、未経験でも、活躍できる可能性がある職種だからこそスカウトされるのです。

20代と比較しても、30代・40代の転職者は経験や年齢の重みがあり、営業担当者としての信頼性も強みになりますから、最初からできないと思わずに、自分に興味を持ってくれる企業があれば、積極的に話を聞いてみるのもよいでしょう。

不採用になるのがいやで、応募を躊躇する方もいらっしゃいますが、何も行動をしなければ、転職は成功しません。

雇用情勢が厳しい状況では、不採用になるのは、あなただけではないので、不採用の原因を考え、対策を立てるのが大切です。

企業が求める人材とマッチしないことはたくさんありますので、不採用になることを恐れずに積極的に応募してください。

求人サイトをただ見ているのではなく、応募しなければ現状は変わりませんので、あなたを必要とする会社を見つけるためには、積極的に転職活動をおこないましょう。

~POINT~
・自ら行動をしなければ、転職は成功しない
・希望する企業を見つけたら、自分で応募する

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ