離職後の転職活動を成功させるには

離職後の転職活動は、時間など有効に使えるので転職活動に集中して取り組むことができます。

複数の企業へ応募してもスケジュール的にも対応しやすく、企業が指定する日時に面接に出向くこともでき、入社日も企業の指定する日に対応できます。

ハローワークでおこなわれる、転職支援サービスを受けることも可能です。キャリアカウンセラーの意見やアドバイスを受けたり、職業訓練を受けることもできます。

デメリットとしては、すぐに転職が成功するわけではないので、離職期間が長引けば、経済的に不安がでてきます。

また、前職を辞めてからのブランクがあると、懸念を抱く採用担当者もいます。

再就職先が決まらず、ストレスを受けたり、希望職種ではない企業へ妥協して就職するケースもたくさんあります。

離職中の転職活動は、自己管理をきちんとすることが大切です。

在職中の転職者であれば、規則正しい生活ができますが、離職中は、自分でスケジュールを組まなければいけません。

積極的に転職活動をおこなっていく強い意志がなければ、転職活動が上手くいいかない場合、気持ちが落ち込み、活動自体をやめてしまうこともあります。

しかし、活動をし続けなければ、採用されることもなく、状況は一向に変わりません。

離職中の転職活動も、在職中の転職活動と同じように、朝から行動し、スケジュールを組むことをお勧めします。

30代・40代の転職では、知人・友人からの紹介で転職先が決まる人もいます。

週末は知人・友人と会う予定を入れて人脈を作るのもよいでしょう。

また、転職活動には、家族の理解や協力が必要です。

心配をかけたくないという理由で家族に言えないとい気持ちもわかりますが、家族も辛いのです。

転職活動につまずいたときには、転職活動の方法や希望する職種などについても見直してみましょう。

30代・40代の転職では、冷静に状況を分析して対応するゆとりが必要です。

~POINT~
・転職活動中は、自己管理をきちんとする
・転職活動がうまくいかない場合は、第三者に相談する

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ