在職中に転職活動を成功させるためには

厳しい雇用情勢の中、離職して転職先がすぐ見つかる保証はどこにもありません。在職中の方は在職中のうちに転職活動をおこなうことをオススメします。

在職中の転職活動のメリットとして、給与があるため、お金の不安がなく転職活動に取り組めます。

いつでも、自分に合う会社が求人を出しているわけではないので、自分がこれだと思う企業の求人に合わせ、慎重に転職活動をおこない、妥協せずに企業の選択ができるメリットがあります。

自分に不足しているスキルを習得しながら長期にわたり転職活動をおこなっても、給与所得があるので、安定した精神状態で転職活動に取り組めます。

在職中であれば、自分に合う企業と出会うまで思う存分転職活動ができます。

30代・40代の転職者は現在の会社で役職などについていることが多く、休暇が取れないことが多く、書類選考が通過しても採用試験に行けないない状況になる場合もあります。

在職中の転職活動は、原則として上司や同僚にわからないようにおこなわなければなりません。

応募企業に内定をもらう前に退職を申し出してしまうと、転職がうまくいかず現職にとどまる結果になった際に、現職での信用を失ってしまいます。

希望すする時期に退職することができず、せっかく内定をもらっても辞退する方や現会社から引きとめられ転職を諦めざる得ない方もいます。

採用担当者は、在職中の応募者に、転職に対する本気かどうかを見極めるため、面接時にで入社時期をあいまいにすれば、現職を円満に辞めることができないと判断し、優秀な人材でも採用を見送ることがあります。

30代・40代の転職は、これから先の人生を左右する大きな転換期です。

在職中の転職活動の場合、面接であれば、平日の夜や、土曜日などに日程を配慮してくれる企業もあり、転職を本気で考えているのであれば、現職を休んででも採用試験を受ける意欲が必要です。

応募企業にあなたの本気度と転職への熱意を伝えることが転職活動を成功させるカギとなります。

~POINT~
・有給などを利用し、現職の上司や同僚にわからないように転職活動をおこなう
・応募企業へは、入社できる時期を明確に示す

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ