採用担当者は、職務経歴書の●●を見ている

30代・40代の転職は、自社で求めるスキルや経験があるか否かが採否のポイントになり、採用担当者は職務経歴書から見極めます。

30代・40代は長い職務経験があるので、職務経歴書を作成する際にどこをアピールすべきか考えておく必要があります。

職務経歴書の記載方法は、応募企業から指定がないかぎり決まりごとはありませんが、記載内容によって他の応募者と差別化できます。

職務経歴書は、これまで携わってきた職務経験をただ単に記載するだけでは、あなたの強みを採用担当者に伝えることはできません。

採用担当者は、職務経歴書を見て求めている職務能力や経験がある人材かを見極めるので、前職が一流企業だとしても、応募企業や職種に関連性のない職務経験であれば、興味を持ってもらえません。

30代・40代の転職は、これまでの職務経験が重視されるので、応募企業で発揮できる職務能力や経験を積極的にアピールしましょう。

また、採用担当者は職務経験やスキルだけを見ているのではありません。

志望動機や自己PRなどから、仕事への熱意・スタンス・自社への思いを分析します。

これまでの経験をただ単に記載するのではなく、工夫したことなど、実際にイメージできる内容を記載することで採用担当者に興味を持ってもらえるでしょう。

職務経歴書からは、組織適応力も見極められています。

自己都合で前職を辞めた場合、ポジティブな退職理由を記載しましょう。

退職理由が人間関係によるものであれば、自社でも同様の問題が起きて退職してしまうのでは・・・と思われてしまいます。

採用担当者は、職務経歴書から様々なことを読み取りますが、長文で記載したり、詳しく記載し過ぎないように注意が必要です。

採用担当者は、応募者全員の職務経歴書を読まなければいけないので、通常は2枚まででおさめるようにしましょう。

応募企業にアピールしたい職務経験を強調し、そうでないものは簡潔に記載するようにしましょう。

採用担当者が読みやすい文字数や見せ方を工夫することも大切です。

応募企業ごとに求めている能力が異なるので一度作成した職務経歴書は使い回しせずに、応募企業に合わせて修正を加える必要があります。

履歴書同様、誤字・脱字・入社・退社時の年月など注意して記載しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ