興味を持ってもらえる履歴書とは!?

採用担当者は履歴書を見て入社意欲があるか、求めている人材の条件に合っているかなどを見極めます。

30代・40代の転職は、履歴書と職務経歴書が大事な判断材料となります。職務経歴書に興味を持ってもらうには、履歴書の記載内容がポイントとなります。

残業が多い会社では、どんなに優秀な人材であっても通勤に1時間半以上かかる場合、採用に慎重になってしまいます。もし、転居可能の場合は、本人希望欄に転居ができる旨を記載しましょう。

履歴書の作成はパソコンで作成しても問題はありませんが、手書きの履歴書から応募者の意欲を読み取ることができると考える採用担当者もいます。手書きで履歴書を作成する場合、字が上手い、下手はそれほど問題ではありませんが、丁寧に記載するように心がけましょう。

雑で読みにくい文字で記載されていると採用担当者は“入社意欲が低い”と判断したり応募者への興味が半減してしまうこともあるようです。

また、最近はパソコンで作成した履歴書を提出する応募者が増えていますが、オリジナルの履歴書を作成する場合、必要とする情報が十分に記載されていないなど、違和感を抱く採用担当者もいるようです。

インターネットでダウンロードすることができますが、市販の履歴書の項目と相違がない履歴書を提出するのが望ましいでしょう。

履歴書に添付する写真を見て採用担当者は、応募者の仕事へ対する意欲や、清潔感、人間性をイメージします。採用担当者によっては写真で判断することもよくある話なのです。できるだけ、写真屋さんなどでプロに撮影してもらう方がよいでしょう。

そして、最も注目されるのは、志望動機です。漠然とした内容ではなく、なぜこの会社に入社したいのかを簡潔かつ具体的に記載しましょう。

・なぜこの業界なのか
・なぜこの会社なのか(イメージできる言葉を探す)
・なぜ自分なのか

書き方として、1.結論 2.理由 3.事例(経験等)

健康状況欄では、過去に病気をしたことがある方でも、現在は完治して業務に支障を与えないようであれば、“良好”で問題ありません。

入社後、通院が必要な場合は、できるだけ簡潔に記載しましょう。

本人希望欄は、希望職種は記載すべきですが、希望給与については慎重に検討する必要があります。

求人要項に提示されている給与で問題がなければ、履歴書には記載せず、面接や内定後に交渉することも可能です。

在職中の方で入社時期について配慮が必要な場合は、現在在職中の旨を記載し、入社可能日を明記しましょう。

履歴書を記載する際は、誤字・脱字などに注意しましょう。

また、職務経験が長い場合、入社、退社の時期を誤って記載してしまう方もいますが、信用を失ってしまうので、記載すべき年月をよく確認して記載しましょう。

学歴・職務経歴のらんは、最終学歴の一つ前の学歴から記載すれば十分です。大卒の方であれば、高校から記載します。

職務経歴にスペースを取る場合は、最終学歴だけでも問題はありません。

職務経歴は、詳細について職務経歴書で記載するので、履歴書には勤務した会社名と入社・退社時期、所属などを簡潔に記載します。

資格欄は、応募職種に関連しない資格については検討する必要があります。

関連しない資格が記載されている場合、違う職種を希望している判断される場合もあります。

履歴書に記載されている内容から、自社で求めている人材と合致しているかを採用担当者は考えます。

ココで興味がないと判断されてしまえば、職務経歴書を読んでもらえないこともあるので、履歴書は採否の判断材料になることを認識しておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ